イリソの「ロボット適合コネクタ」を構成する3つのテクノロジー

現在、産業用ロボットの需要が急速に拡大しています。
組立品質、生産タクトの安定化、そして労働賃金上昇の抑制にも貢献しているロボット生産ですが、
異物付着や実装・嵌合ズレ、不完全嵌合などの工程内不良が発生してしまうこともあります。

そこでイリソは、これまで培ったテクノロジーをベースに、ロボット生産に適したコネクタを広くPRすることを目的として、
新たに「ロボット適合コネクタ」コンセプトを立ち上げました。
「ロボット適合コネクタ」は、イリソがこれまで培った3つのテクノロジーで構成。お客様のロボット生産ニーズに広く対応いたします。
自動実装に対応可能な安心設計。イリソの「ロボット組立適合コネクタ」です。

お問い合わせはこちら(ページ下部へ移動します)

「ロボット適合コネクタ」を構成する3つのテクノロジー

  1. フローティングテクノロジー
  2. Auto I-Lock™ オートアイロック
  3. 2点接触コネクタ

第1のテクノロジー ~フローティングテクノロジー~

イリソは、車載用基板対基板(ボード・ツー・ボード)コネクタのリーディングカンパニーです。
特に嵌合時の接続面が可動するフローティングコネクタにおいては、業界随一のバリエーションを誇ります。
フローティングコネクタは、基板位置ズレを吸収し 半田付部のストレスを軽減。半田クラックを防ぎます。
またコネクタを複数個同一基板上に搭載し嵌合することが可能です。77シリーズ、604種類、249通りの組み合わせの豊富なバリエーションでお客様のニーズに対応いたします。
さらには、X軸―Y軸が可動する事はもちろんのこと、接点が固定されたままZ軸が可動する「Z-Move™(ジィームーブ)」コネクタもリリース。振動周波数高域での共振による微小な基板振幅を吸収可能。車載搭載可能な重要保安部品基準をクリアし、作業性、信頼性を大幅に向上させるコンセプトです。
フローティングコネクタで業界をリードしてまいりましたイリソが誇る独自のテクノロジーコンセプトです。

zmove

第2のテクノロジー ~Auto I-Lock™ オートアイロック~

これまでFPC/FFCカードはロボット組立が不可能と考えられていました。
FPC/FFCコネクタの嵌合の場合、スライダーをロックする必要があることから、両手で作業で行うことが通常工程でした。そして、斜め挿入や不完全嵌合が生じていてもわかりにくいということがありました。このため常に正しくロックされているかどうかを確認する検査工程が必要です。
イリソのFPC/FFCコネクタ Auto I-Lockは、FPC/FFCカードを挿入すると自動にロックされるので確実な嵌合が実現します。FPC/FFCカード利用時でもロボット組立が可能になります。

autoilock

第3のテクノロジー ~2点接触コネクタ~

「2点接触コネクタ」は、同一線上に2つの接点の構造を持つコンセプトです。浮遊物や飛散したフラックスの異物の除去機能、確実なワイピングで安定した接触を約束します。
また、付着物の上に、片方の端子接点が乗り上げても、2点接触コネクタの片方の端子が確実に導通して接触不良を防ぎます。
2点接触コネクタの採用により接触信頼性がアップすることで、歩留まりが改善されトータルコストダウンに貢献いたします。

niten

ロボット適合コネクタに関するお問い合わせはこちら

お客様情報

企業名(必須)

部署名(任意)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

郵便番号(任意)

都道府県(必須)

ご住所(必須)

ご住所備考(任意)

メッセージ本文(必須)


 

TO TOP