労働安全衛生方針

-安全はすべてに優先する-

基本方針

イリソ電子工業株式会社は、人間尊重を基本理念として、我が社で働くすべての人々が、より豊かに、平和に、文化的な生活を維持するために、負傷・疾病を防止し、安全で健康的な労働条件を提供することを第一に優先する。そして、従業員一人ひとりが、生き生きと働ける明るい快適な職場環境づくりを、すべての従業員および従業員代表との協議および参加で進める。

重点方針

  1. 「労働災害ゼロ」「火災ゼロ」「交通事故ゼロ」を目指し、職場の危険源および危険作業を特定して排除し、安全で快適な職場づくりを推進する。
  2. 全ての拠点において各国・各地域の労働安全衛生関係法令等および社内 基準を順守し、より一層の安全衛生活動を推進する。
    (1)労働安全のリスクアセスメントを全ての職場で実施し、危険源を特定し、リスク低減を図る。
    (2)労働災害発生率の最も多い「挟まれ、巻込まれ災害」を防止する。
    (3)設備安全チェックにて、設計段階から危険源を特定し、排除する。
    (4)化学物質リスクアセスメントにて、導入時および作業内容変更時に危険源を除去し、改善する。

  3. 労働安全衛生マネジメントシステムの継続的改善を図る。
  4. 衛生管理体制の充実を図り、社員の健康確保対策を推進し、過重労働による健康障害および、メンタルヘルス不調の未然防止に努める。
  5. 良好なコミュニケーションの形成を図り、風通しの良い職場風土づくりを推進し、全員参加の安全衛生活動を実行する。

2019年5月10日


TO TOP