IRISO

MENU

Auto I-Lock

Auto I-Lockとは?

イリソ電子工業のFPC/FFCコネクタ「Auto I-Lock」は、FPC/FFCカードを挿入すると自動にロックされる構造を持つコネクタです。スライダーやカバーの開閉動作を排し、FPC/FFCカードを挿入すると同時にロックがかかる構造で、斜め挿入や不完全嵌合が起こりにくく、作業効率が向上します。確実な嵌合が実現するため、FPC/FFCカード利用時でもロボット組立が可能になります。

Auto I-Lockを使用するメリット

Auto I-Lockを使用することで様々な問題解決が可能となります。

  • 不完全嵌合を防止し検査工程削減、生産性が向上します。
  • 独自の端子構造によりデジタル信号の高速伝送を可能にします。
  • GND用端子を設け、シールド付FFC使用時ノイズ対策に対応します。
  • 自動にロックされる事でロボット組立が可能。自動化に貢献します。

Auto I-Lock紹介動画

Auto I-Lock製品ラインナップ

11600Sシリーズ

デジタル信号の高速伝送を可能とするシールド付FFCに対応する0.5mmピッチNON-ZIF RAタイプのFFCにコネクタ。シールド付で対EMC対策に配慮。最適化された接点構造により、FFCの選択により20Gbps超の伝送域までサポート(自社定義による代表参考値)インピーダンスマッチング:差動100Ω。抜けにくいのに外しやすいAuto I-Lock構造。FFCカード挿入と同時にロックがかかる抜け防止構造を採用。 また、イリソのロボット適合コネクタ対象製品としてお客様の組立自動化に貢献致します。
 

11501Sシリーズ

デジタル信号の高速伝送を可能とするシールド付FFCに対応する0.5mmピッチNON-ZIF RAタイプのFFCにコネクタ。シールド付で対EMC対策に配慮。最適化された接点構造により、FFCの選択により20.0Gbps超の伝送域までサポート(自社定義による代表参考値)インピーダンスマッチング:差動100Ω。。抜けにくいのに外しやすいAuto I-Lock構造。FFCカード挿入と同時にロックがかかる抜け防止構造を採用。 また、イリソのロボット適合コネクタ対象製品としてお客様の組立自動化に貢献致します。
 

11503Sシリーズ

デジタル信号の高速伝送を可能とするシールド付FFCに対応する0.5mmピッチNON-ZIF RAタイプのFFCにコネクタ。シールド付で対EMC対策に配慮。最適化された接点構造により、FFCの選択により20Gbps超の伝送域までサポート(自社定義による代表参考値)。インピーダンスマッチング:差動100Ω。抜けにくいのに外しやすいAuto I-Lock構造。FFCカード挿入と同時にロックがかかる抜け防止構造を採用。FFCの完全挿入の視覚検査実施可能な確認用窓付き。 また、イリソのロボット適合コネクタ対象製品としてお客様の組立自動化に貢献致します。