IRISO

MENU

Z-Move

Z-Moveとは?

イリソ電子工業の「Z-Move(ジィームーブ)」は、X軸―Y軸が可動するフローティング構造に加え、接点が固定されたままZ軸が可動する構造を追加し、振動周波数高域での共振による微小な基板振幅を吸収可能としたコネクタです。微摺動摩耗による接触信頼性の低下を防ぎます。
車載搭載可能な重要保安部品基準をクリアし、作業性、信頼性を大幅に向上させます。

Z-Moveを使用するメリット

Z-Moveを使用することで様々な問題解決が可能となります。

  • Z軸方向の可動は、振動が影響する機器へのコネクタが使用可能になります。
  • セット完成後の振動/荷重に伴う接触不良防止できます。
  • 独自の振動シミュレーションサービスで設計初期段階からご提案できます。
  • 高耐熱性を重視した設計により、過酷な高温環境下で使用が可能になります。​
  • ロボット組立による嵌合時のズレを吸収し自動化に貢献します。

Z-Move紹介動画

 

従来の可動式コネクタとZ-Moveの振動比較

Z-Move製品ラインナップ

10120シリーズ

厳しい振動環境での使用を想定した機器内接続用2.0mmピッチ、Z可動(Z-Move)フローティングタイプ平行接続(ST/ST)BtoBコネクタ。可動(フローティング)構造でX-Y方向に0.65mm可動。Z方向は0.02mmの共振振幅と0.8mmの有効嵌合長。タフな環境でも確実に異物の除去を行う2点接点コンタクト採用。高温環境下での使用に耐える125℃対応製品。 イリソ独自のフローティングテクノロジー「Z-Move(ジィームーブ)」を採用(商標登録)。接点が固定されたままZ方向に可動し振動共振・衝撃による接点ズレを防ぐ耐振動性、耐衝撃性に優れたコネクタです。イリソ独自の解析システムでお客様の機器に適応した固定方法をシュミレーション致します。
 

10127シリーズ

「10127シリーズ」コネクタは、自動車の電動化に伴いEV/PHV/HV等の電動車に必要な、駆動用パワートレインアプリケーション向けに開発された内部接続用のBtoBコネクタ(2.0mmピッチ、Z方向可動)。厳しい振動環境での使用を想定した、イリソ電子工業独自のフローティングテクノロジー「Z-Move(ジィームーブ)」を採用。接点が固定されたままZ軸が可動し耐振動性、耐衝撃性に優れたコネクタです。
 

10128シリーズ

厳しい振動環境での使用を想定した機器内接続用0.8mmピッチ、Z可動フローティングタイプ平行接続BtoBコネクタ。可動構造でX-Y方向に0.5mm可動。Z方向は0.02mmの共振振幅と0.5mmの有効嵌合長。タフな環境でも確実に異物の除去を行う2点接点コンタクト採用。高温環境下での使用に耐える125℃対応製品。イリソ電子工業独自のフローティングテクノロジー「Z-Move(ジィームーブ)」を採用。接点が固定されたままZ方向に可動し共振・衝撃による接点ズレを防ぐ耐振動性、耐衝撃性に優れたコネクタです。狭ピッチの採用により、従来の10120シリーズに対し省スペース化を実現しました(約50%削減)。 振動シミュレーションでお客様の機器に適応した固定方法をご提案し、お客様の設計を強力にサポート致します。